2015年02月16日

「良い映画には2種類しかない。内容が素晴らしいか、撮り方が素晴らしいかだ。」


スタッフ森です。

シネマート心斎橋では
映画の礎を築いてきた素晴らしい作品たちを
もう一度皆様に見て頂こうと
『偉大なる映画たち』という企画がスタート致しました。

記念すべき第一弾となりますのが
3/7が命日となる巨匠スタンリー・キューブリック特集。
オバケやゾンビではなく
生きている人間が一番恐ろしいことを証明した
ジャック・ニコルソンの怪演が目覚ましい『シャイニング』
ファッションがカッコよすぎるクライムムービー『現金に体を張れ』
映画の歴史の代表作ともいえる『2001年宇宙の旅』
こちらは1968年の作品とあって
時代はアメリカ・ロシアの宇宙開発競争ど真ん中で
宇宙に希望を膨らませながら
最高の状況下で鑑賞されたことではないでしょうか?
羨ましいことこの上ないです。

このように挙げるとキリがなく、
作品全部が代表作ともいえる監督ですが、
そんな中から
未だカルト的人気を誇ります『時計じかけのオレンジ』
劇中のクラシック音楽とお話の調和具合が絶妙である
長編大河ドラマ『バリー・リンドン』
今年が終戦40周年となります
キューブリックが描くベトナム戦争『フルメタル・ジャケット』
公開を待たずして急逝したため遺作となった
トム・クルーズ、ニコールキッドマンで贈る『アイズ ワイド シャット』
この4作品を当館では上映させて頂きます。

それに伴いまして
twitterのアカウント( https://twitter.com/Cine_ida )を設立致しました。
皆様フォロー、拡散よろしくお願いします。





posted by シネマート心斎橋スタッフ at 13:43| Comment(1) | 学生バイト シネマート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

新企画《偉大なる映画たち》始動! 詳細は @Cine_ida にて随時アップ!


学生バイト シネマート部の大西です!

この度、シネマート心斎橋では
名作の復活上映企画《偉大なる映画たち》が発足!
さっそく、スタッフが上映に関しての詳細や、作品情報など
随時アップしてゆくツイッターアカウントも開設!!
フォロー&拡散 御協力よろしくお願い致します!
→@Cine_ida ( https://twitter.com/Cine_ida )

《偉大なる映画たち》は、昨年の「ファイト・クラブ」を皮切りに
20年前に大々的に公開されていた作品、DVDでもう観たけれど
「スクリーンで観てみたい!」作品をセレクトして、再び上映する企画。
今春は、キネマ旬報DDの“ムービーマスターズ”第一弾として発表された
「時計じかけのオレンジ」等、スタンリー・キューブリック監督作の
特集上映を当劇場でも実施。
( http://www.kinenote.com/kubrick/index.html#P3Q4G9v.twitter_tweet_count_m
 ムービーマスターズ公式HP)

詳細は随時、《偉大なる映画たち》Twitterアカウント( @Cine_ida )で発信してゆきます。

20世紀を代表する名作をリアルタイムで知らず、
ビデオやDVDで衝撃受けた僕たちヤング世代こそ、
劇場で体感したい作品ばかりだと思います…。
想像するだけで興奮する!!

皆さまと一緒に、わいわい賑やかに情報を拡散&宣伝を重ね、
どんどん盛り上げて、ずっとずっと企画を続けられればと思います。
何卒、よろしくお願い致します!!!


賑やかに盛り上げたい企画といえば…
遂に、今月2/22(日)に開催が迫りました、
シネマート心斎橋スタッフ 横田陽子氏と、
シネ・ヌーヴォ 山崎紀子支配人がトークする
“ミニシアター”に興味があるけど、まだ馴染みのない人に向けた
イベント『ヨーコとノリコのおしゃべりミニシアター』。
こちらも、Twitterアカウントが開設されてますので、ぜひ♪
→ @yoko_noriko ( https://twitter.com/yoko_noriko )

10377368_634169730021655_9038396931855129831_n.jpg

大きな映画館は快適だし、DVDだと楽チンで。
じゃあ、ミニシアターの良いところってなに?
そもそも映画館に行っても、行かなくてもどっちだっていい??
そんな声まで聞こえてきそうですが…
そんな疑問についてもお話あったり、
とにかく、“ミニシアター”について知ってもらえて、
魅力を感じてもらえる内容だと思います。
僕も、当日は司会で参加させて戴きます。
興味のある方は、覗きに来て戴けると嬉しいです。
ミニシアター常連の方は、
ぜひ情報拡散&かけ橋となって、お力をお貸し戴けると幸いです!
とにかく、まだまだ馴染みない方に知ってほしい…、魅力を伝えられたら…。
そう、切に思います。

お陰様で、まもなく予定していた定員に達しそうですが、
沢山お越し戴き、当日を賑やかに迎えたいので、」ぜんぜん定員も増えるかもです!
なので、引き続きどしどしご予約お待ちしております!
映画情報サイト“キネプレ”さんでも、イベントの紹介記事を
アップして戴いています。そちらも、合わせてぜひぜひぜひ。
(キネプレ http://www.cinepre.biz/archives/16574 )

【イベント詳細】
■日時 2月22日(日) 18:30集合/18:40開始
■参加無料
■受付 シネマート心斎橋にて、店頭&電話(06-6282-0815)受付
■@阿波座 enoco(江之子島文化芸術創造センター)


今後とも、愉快な劇場として
シネマート心斎橋をよろしくお願い致します!!

posted by シネマート心斎橋スタッフ at 18:16| Comment(0) | 学生バイト シネマート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

リチャード・カーティス御大

皆様、お久しぶりです
学生アルバイト森です。

2015年に入り間もないにも関わらず
周りはスゴい映画たちばかりで
日々楽しく過ごしております!
すでに2月は20本ほどの見たい作品があるほどです。

特に邦画では『百円の恋』
洋画では『トラッシュ-この街が輝く日まで-』に圧倒されました。
両作品とも終始、
前のめり&大口開いたスタイルになるほど見入りました。

今回
『トラッシュ-この街が輝く日まで-』を鑑賞しはっきりしました
それは、‘リチャード・カーティス天下無双状態’だということです。
ご存知、脚本家であり映画監督であるリチャード・カーティス
先ほども紹介しました
『トラッシュ-この街が輝く日まで-』『ノッティングヒルの恋人』の脚本や
『ラブアクチュアリー』『ブリジットジョーンズの日記』などの代表作がありますね。

そんな彼の何が天下無双状態なのかと申し上げますと
悲しむところは悲しませる
笑うところは笑わせる
楽しむところは楽しませるなどの
喜怒哀楽をちょうどいいバランスで
なおかつ、それをふんだんに
思いのままにコントロールするお話。
その中に
多種多様なメッセージを込めて込めて込めて
最後にそれをまとめ挙げ主題を掲げる。
大袈裟ではありますが
これを天下無双状態と言わずに何と言いましょうか。

そしてそんな彼リチャード・カーティスが
監督としての最終作を謳った
『アバウトタイム 愛おしい時間について』が
遂に心斎橋のスクリーンにやってきました。
早くも2/6で終了となりますが、
去年の全国公開時に
スタッフの間でもすごく話題になった一本で、
前述での通りの
リチャード・カーティス作品の凄さの
重要なピースを担った最高傑作となっております!
一度見た方も、まだ見ていない方も
是非もう一度スクリーンで
あの幸福感を味わいましょう!

また、終わりが近くはありますが
『トラッシュ-この街が輝く日まで-』も
TOHO梅田さんでレイトショーでの上映がございますので
合わせて足を運んで頂けたらと思います。
大小様々なコトを気づかせてくれ感じさせてくれる1本となっております。

いい映画を映画館のスクリーンで見る喜びは何にも変え難いですね。







posted by シネマート心斎橋スタッフ at 12:06| Comment(0) | 学生バイト シネマート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。