2014年01月14日

7番房の奇跡観ました!!

こんにちは。スタッフTです。
ご無沙汰しております。皆様お元気でしょうか?
今年もまだ始まったばかりですがもう2月から始まる韓国映画でワクワクしております。
やっと皆様に見ていただける!と
2月1日から『7番房の奇跡』(原題は7番房の贈り物)fullsizephoto287324.jpg
韓国上映時にかなりの話題でしたので私も観たかったんですよね。
それになんといっても私の大好きなオ・ダルスとチョン・マンシクが夢の共演なんですもの。
去年サンプルを拝見したんです。支配人が泣いてしまったなんて聞いていましたが
そんな私は泣きませんよっと心に決めていたのですが。。
今までで大号泣してしまったどの映画も超えてしまいました。

なんと言ってもこの親子の演技力です。fullsizephoto271486.jpg
主役はご存じリュ・スンリョン。
『高地戦』のあの怖いイメージが強く残っている。私の中では演技派ちょい悪オヤジでした。
そんな彼が本作では天使のような純粋で娘思いの父になっています。
色々な映画や役柄をすべて忘れてしまい劇中の父にしか見えなくなる。
やはり彼の演技力の賜物だとおもいます。
やりすぎてしまうと一気に冷めてしまう難しい役柄です。
どうしても弱く守ってあげたくなるように描かれることが多いですが。
今回の場合、彼はあくまでも父親です。娘を守りたいという気持ちが大きいのです。
そして他の人への思いやりといざという時の強さ。
それが彼の魅力的な部分であり、私たちが映画の世界に入り込めるように
してくれる要因です。
そして可愛すぎる子役とも言い難い女優カル・ソウォン。
子役が苦手な私でさえもあまりの自然な演技に魅了されました。
オーディションでは一番上手くできなかった彼女ですが監督がこの子だ!
と思い起用したようです。真っ白なキャンパスに初めて色が入れられるように
この映画の世界観とマッチしたようです。
真っ新だからこそ良かったんですね。

ただ単に冤罪で離ればなれになった可哀想な親子の話ではありません。
映画を見た後に「あなたに会えてよかった」と心があたたかくなる作品です。
是非劇場でご覧ください!

posted by シネマート心斎橋スタッフ at 13:04| Comment(2) | 映画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日観に行きました
もうすばらしい作品でした
号泣しましたが終ってからの疲労感もなくて良かったです
子役ちゃんの演技に脱帽しましたし他の俳優さんもお見かけする方ばかりで良かったです
早速皆に薦めましたよーーー!
Posted by minachan at 2014年02月27日 11:41
minachan様
コメントありがとうございます。
なんでしょうねあの大号泣してもすっきり幸せな気持ちになりますよね。
おススメして頂いてありがとうございます!
Posted by シネマートスタッフT at 2014年03月13日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: