2013年12月23日

インターネットの利用方法を見るふたつの映画

私、まだガラケーです。Y田です。
あと3年はこのケータイでいくつもり。
フェイスブックとも、
ラインとも、
もちろんツイッターとも縁遠い生活。
でも、別に困ってないです。
本人より、周りの人の方がつながらなくて困ってるかも。
デジタルが苦手なのです。

さて、インターネットの利用方法を見る映画、
ひとつめは『アイ・ウェイウェイは謝らない』です。
346815view001.jpg
Y田、今年のドキュメンタリーの中では一番のお気に入りです。
中国のアーティスト、アイ・ウェイウェイ。
北京オリンピックの鳥の巣スタジアムで一躍有名になった彼、
作品も素晴らしいですし、そのメッセージはまっすぐに明確。
ツイッターって、こういう風に使うものなんだっていう、
見本のような、理想的な使い方で、
全世界にメッセージを届けています。
アイ・ウェイウェイのツイッターなら、私もフォローしたい!
…できないけど…。

もうひとつは『ブリングリング』です。
1424557_263296940484104_546746250_n.jpg
ソフィア・コッポラ監督作品。
実際の事件に基づいています。
こちらは、ティーンがセレブの豪邸に盗みに入るという物語。
ここでもネットの出番です。
セレブが、ブログやツイッターで「今日はパリでパーティです」とつぶやこうもんなら、
彼らは住所をネットで検索して盗みに入るんですよ!
いとも簡単に豪邸に忍び込み、
盗みたい放題。
そのやり口たるや、何ともお手軽。
実際に被害に遭ったパリス・ヒルトンのクローゼットが出てくるのですが、
スゴイんです…。
これ見るだけでも楽しめます。

良い例、悪い例みたいな2本ですが、
間違いなく<今>という瞬間を切りとった映画です。
是非、今を感じに来て下さい。
劇場でお待ちしています。







posted by シネマート心斎橋スタッフ at 22:03| Comment(0) | 映画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。